« 象の鼻はなぜ長い? | トップページ | 静かに夜を照らす »

2005.02.09

タイカレー

P1060146s今日の昼食は職場の近くに出ているタイ料理の屋台からGaeng Gai(チキンカレー)を買ってきました。辛さはアメリカ向けにマイルドで食べやすい。昼食時に、ちょっと出遅れると屋台はどこも長蛇の列になってしまうのです。

|

« 象の鼻はなぜ長い? | トップページ | 静かに夜を照らす »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

DDさん、こんにちは。
ウイグルでも西の端のカシュガルという街に15年程前に仕事で行きました。ますます何の仕事をしているのかわからなくなるかもしれませんね(笑
砂漠に囲まれた厳しい自然の中でも逞しく、豊かに暮らしている人達が印象的でした。
YMOはすごく好きでLPレコードはひとつを除いて全部持っていました。CDじゃないところが時代ですね。

TYさん、どうもです。
山の暮らしは厳しそうだけど、田舎のばあちゃん達は元気ですよね。締めたての鶏で作ったカレーはうまそう。でも僕はカレーは辛い方が好きです。
僕の住んでいる街は移民の人が多いのかタイやベトナム料理屋さんがたくさんあって、今まで行ったところはどこもおいしかったです。

投稿: Iseita | 2005.02.10 12:52

ISEITAさん、こんにちは。
ぼくが住んでいるところは過疎の地域で、近所(といってもおとなりは300メートルぐらい離れてますが)は、戦後に開拓農民として移住してきたおばあちゃんばかり。なぜか、おじいちゃんたちはすでに天国へ。季節になると、とうもろこしを畑に取りにいってめっちゃ塩辛い味付けでごちそうになったり、うみたてたまごやら鶏の首締めたり、の田舎なんですが、カレーをごちそうになったときは涙ものでした。鶏舎の臭いと牛の糞のほのかな香りのなかでの甘いカレー。
開拓ばあちゃんたちの逞しさを感じました。
そのばあちゃんたちも、冬の豪雪期間は孫たちの住む里に降りて行くようになりました。カレーをもっとおいしそうに食べれば良かった…。と反省しきり。(笑)

投稿: TY | 2005.02.10 10:08

nnnウイグル。
魅力的!

山が限りなく高く、谷が限りなく深いって?
伊勢華子さんからやっぱり坂本さん(教授)は
スゴイってメールきてましたyo。

海外のお料理infoも大好きです。

投稿: DD | 2005.02.10 09:11

新彊ウイグル地区を訪れたときに現地の方に食事をご馳走になったことがあります。どの料理もとてもおいしかったのですが、中でもポロと呼ばれるピラフがとてもおいしかった。これの正式な食べ方は右手の3本の指で食べること。慣れない僕たちは、それこそポロポロと落としてしまいましたが、現地の方はとても優雅に食べていました。

素手でカレーを食べるのは抵抗がありますね。でも、寿司だと平気なのは何故なんでしょう。パンなんて素手じゃない方が変ですよね。単に水分の多少なんでしょうか。でも、水気の少ないピラフでもやっぱり素手で食べるのは抵抗はありますよねぇ。

やはり多かれ少なかれ人は習慣に呪縛されているということなのでしょう。少しの間とはいえ、その呪縛から逃れて素手でカレーを食べてみるというのも悪くないのかもしれません。

投稿: Iseita | 2005.02.10 04:32

藤原新也さんの「タコカレー」って?

タンドリチキンとカレーをネパールで3本の指ですくって食べたときはやっぱり気持ち悪かったです。
無印良品のレッド・グリーン・イエローカレーキッドは人気商品。
でもやっぱりママの味には「口ごたえできない」という点が最強!(笑)
今日はサッカー北朝鮮戦で日本中緊張感。
目覚めたら日本勝利。

投稿: DD | 2005.02.09 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15724/2861294

この記事へのトラックバック一覧です: タイカレー:

« 象の鼻はなぜ長い? | トップページ | 静かに夜を照らす »