« 歯科恐怖症の克服 | トップページ | LOMO LC-A »

2004.11.14

眠い...

P1050423s.JPG

どうしたものか最近、週末の眠さと言ったら尋常じゃない。
今日の天気はこれ以上は望めないくらいの抜けるような青空。しかし、一旦8時半頃に起きて軽く朝食を摂るも11時頃、ものすごい睡魔に襲われ思わずベッドに後戻り。昼飯を食べるのも忘れて昏々と眠り、目が覚めたら14時半。外は相変わらずの素晴らしい秋空。食欲に勝つ睡眠欲って一体...

結局、昼食は摂らぬまま、何とか意識を回復した後、新収蔵品が展示してあるということで、久しぶりにVirginia Museum of Fine Artに行ってみた。上の写真は美術館の展示室でみつけた小部屋。薄暗い小部屋の中には何も写っていないIBMの15inchモニターと白い座面の椅子の取り合わせ。もちろん、これは美術館の作品展示ではなく、本来は展示作品の解説に使われている場所なのだろう。けれども、妙に最近の睡魔とシンクロしたのか、新収蔵品よりもこの小部屋に惹かれてしまった。

関係ないけど、欧米の美術館では、フラッシュや三脚を使用せず、他の人に迷惑を掛けなければ基本的に館内での写真撮影は自由。美術館によっては展示室内に模写台まで用意されていることもある。それに対して日本の美術館のほとんどが、写真撮影や模写禁止なのはどういう理由なのでしょうね。

P1050422s.jpg
もう一つ印象に残ったのは、館内の吹き抜けのホールにセットされたテーブルと椅子。白と赤のコントラストが何だか気持ちに引っ掛かる。普段は何もない所なんだけど、今日は閉館後、何かのパーティが行われるみたいだった。本当は新収蔵品の中にも印象に残ったものがあったのだけど、その話はまた後日。

|

« 歯科恐怖症の克服 | トップページ | LOMO LC-A »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

フラッシュはかなり強い光なので作品を少なからず劣化させると思います。撮影禁止でない場所でもフラッシュを使うことは禁忌です。それにフラッシュを使うと自分で見た雰囲気とは違ったものになってしまいますから。
僕の場合、美術館で写真を撮ると言っても、別に作品のコピーが欲しいわけではなく、作品を含む空間で感じるものがあったときにそれを写真として残したいと思っているのです。

投稿: Iseita | 2004.11.15 08:35

私もフランスのピカソ美術館などで写真とりまっくった覚えが有ります。
一番撮りたかったポンピドーセンターが撮影(部分的に?)禁止でガッカリした覚えがあるなあ。
カメラのフラッシュで作品が退色するから美術館で写真撮っちゃダメ!と言われたことがありますがほんとかな

投稿: マユミ | 2004.11.14 23:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15724/1958613

この記事へのトラックバック一覧です: 眠い...:

« 歯科恐怖症の克服 | トップページ | LOMO LC-A »