« 時差ボケ | トップページ | ぼくは怖くない »

2004.10.03

「YES オノ・ヨーコ」展

P1050152s.jpg

もうとっくに終わってしまったが、9月に日本に行った際に鹿児島の「霧島アートの森」で開催されていた「YES オノ・ヨーコ」展を観てきた。「ようこ」さんは平日の入場が無料なんてちょっと粋なこともやっていたみたい。僕が行ったときは会期も最期ということで結構な人出だった。
作品ではジョンと出会うきっかけになった作品が興味深かった。が、しかし、この作品に限らず、どの作品も興味深いというだけでエネルギーを受け取れない。写真や絵、彫刻、音楽等、何に限らず好きな作品に触れると僕は背中がゾクゾクというか、くすぐったいというか、身体的に反応するのだが、今回出展されていた彼女の作品に僕の背中は反応しなかった。どれを見ても「興味深い」という理性的な反応のみ。どうも僕はこういったインスタレーションというものに素直に感覚が反応できないようだ。どうしても頭で考え、理性で捉えようとするのが先に立ってしまう。そういえば「考えるのをやめなさい」という作品も今回の展示にはあったな。感受性のツボが違うということもあるのだろうが、ひとつ思い付いたのは、これらの作品はナマモノだったのではないかということ。つまり、これらの作品にゾクゾクするには発表当時の、その時代の空気が必要だったのではないだろうか。それとも、身体的な反応を積極的に否定し、理性を覚醒させるのが作品の意図するものなのだろうか。いや、それは考え過ぎではないか、考えるなと言っているのだから素直に感じるべきだ。等々。無限ループに落ちていってしまう。ん、こうやって考え過ぎに落ちていくのも作品の意図なのか。まさかね。

04CD021-22s.jpg

|

« 時差ボケ | トップページ | ぼくは怖くない »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

んーまぁ。

あんなことやら。
こんなことやら。

投稿: 臣 | 2004.10.07 10:34

姫様(やっぱり姫には「さん」じゃなく「様」ですね)、こんにちは。
トラックバックありがとうございます。
ぼくが行ったのは最終日の前の日だから、姫様が行った次の週ですね。しかし、僕の噂とは...何だろ??

投稿: Iseita | 2004.10.05 22:53

こんにちわ!臣さんのblogから飛んできました!
同じ頃に霧島アートの森に行かれたのですねぇ!
「親分が・・・。」と、車中でiseita様のお噂が聞こえていたような。。。

突然ですが、トラックバックさせていただきました。
ありがとうございます(^O^)♪

投稿: | 2004.10.05 16:13

特別展が終わってもオノ・ヨーコ氏の作品は霧島アートの森の収蔵品にもあるので、展示のローテーションに当たっていれば観ることができます。
高原では雲の形の変化が激しく、見ていて飽きることがありません。放っておくと何時間でも雲を見て過ごせます。

投稿: Iseita | 2004.10.05 12:55

「YES オノ・ヨーコ」展,
について、直接触れたことが無いのでなんともいえませんがぜひ一度は触れてみたいさきひんですね。
雲の写真素敵です

投稿: マユミ | 2004.10.04 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15724/1583934

この記事へのトラックバック一覧です: 「YES オノ・ヨーコ」展:

» 「霧島アートの森」~【YES オノ・ヨーコ展】 [喫茶去]
朝から、臣さん夫婦&ハムコちゃん夫婦&姫の5人で 以前から計 [続きを読む]

受信: 2004.10.05 16:05

« 時差ボケ | トップページ | ぼくは怖くない »