« 秋を探して | トップページ | ハロウィン »

2004.10.31

ハロウィンがやって来た

P1050293s.jpg

明日はハロウィン。写真は近くのアパートのデコレーション。「ハロウィン 起源」てなところでgoogleってみると、
 ・スコットランド・アイルランドに起源があり、いくつかのお祭りが習合して今の形になった。
 ・All hallow evenが縮まってHalloweenとなった。
 ・日本語には万聖節と訳されている。(正確には万聖節は翌日の11月1日)
なんてことがわかります。お化けや死霊があの世から戻ってきてこの世をウロウロする日ということ。無理に例えれば日本のお盆みたいなものかな。アメリカではハロウィンが近づくとスーパーでは提灯作りのためのカボチャや仮装衣装、子供にあげるためのお菓子がたくさん並びます。宗教色は薄くなって、子供達がお化けの仮装をして「Trick or treat!」と叫びながら近所を訪問してお菓子を貰う日になってしまったとのことです。

|

« 秋を探して | トップページ | ハロウィン »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

宗教色が薄まって、すっかりパーティの口実になっているようです。子供達にとっては、クリスマスなどに並ぶ楽しい年間行事のようです。
アルゼンチンから来ている同僚に尋ねたら、アルゼンチンはカトリックが強い国なのですが、ハロウィンを祝う習慣はなかったとか。でも、つい最近になってアメリカの影響&経済活性化のために、やるようになってきているとのことでした。
日本でもお菓子業界がバレンタインデーを仕掛けたように、騒ぐようになるかもしれません。アメリカでもこの期間はお菓子がよく売れるようです。

投稿: Iseita | 2004.11.01 14:01

ハロウィンは日本ではあまりなじみのない行事ですね。
かぼちゃのグッズとかは売ってるけど。
仮装行列が楽しそう^^私はやったことないんですね。

投稿: タカコ | 2004.10.31 14:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋を探して | トップページ | ハロウィン »