« そんな秋の日 | トップページ | Konica HEXAR RF »

2004.10.24

(静物としての)植物

04CD020-14s.jpg

アメリカで暮らし始めて来月で1年。英語での意思の疎通はまだまだ難しい。日本語でのコミュニケーション力を100とすると50~60くらいかなぁ。

04CD024-21s.jpg

日本語の場合でも同じなんだけど、「こういう状況だからこの人はこんなことを言うよ」と想像がつく場面では、相手が何について喋っているか聞き取りやすい。だから、場数を踏んだ状況では困ることはあまりなくなったよ。

04CD024-30S.jpg

逆に、こちらの想像が及ばないことを尋ねられると、単純なことでも何を言っているかわからないか、理解するのにすごく時間がかかる。例えば、初めてファーストフードでコーラを注文したとき、レギュラーかダイエットかを訊かれたんだけど、これが全く何のことやら理解できなかったんだ。だってそんなこと尋ねられると思ってなかったから。

04CD024-37s.jpg

何を言われたのかわからないまま、曖昧な対応でその場を一応収め、けれども、気持ちはもやもやしたまま。そして、突然、「なぁんだ、こんなことだったのか」と思い当たり、恥ずかしくなったり、腹を立てたり、苦笑したり。
僕の方は、まだまだそんな感じの日々です。君は、いかがお過ごしですか。


Camera:
Leica R6 / Summicron 35mm f2.0 (1st ver.), f2.8-1/60 (1)
Konica HEXAR RF / Leitz ELMAR 50mm f2.8 (1st ver.), f5.6-AE (2~4)
Film: ILFORD super XP2

|

« そんな秋の日 | トップページ | Konica HEXAR RF »

写真・カメラ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>マユミさん
あは。もちろんマユミさんが最初にコメントして構わないのです。具体的な誰かに宛てた文章ではないので。
写真と文章は繋がりがないのですが、現像から返ってきたプリントを見ていて思い付いたことを書いてみました。
業界によって独特な言葉があってその業界に馴染みがないと日本語でもコミュニケーションが難しいですよね。その点、職場の中では英語でもさほど困っていないのですが、日常生活での新たな状況ってのにまだまだ戸惑わされています。
マユミさんも新しい仕事、がんばって下さい。

投稿: Iseita | 2004.10.25 03:23

誰かに宛てた手紙のような素敵な言葉でしめくくられてますが、私が最初に書き込んでもいいのかな?(^^)
文章を無視するわけではないのですが、珍しくグレースケールな写真でどっきりしました。
いろんな色が浮かんできそうな写真ですね3,4枚目なんてすごく好み!デレク・ジャーマンの映画が見たくなりました。
佐賀じゃ置いてないんですよねえ…

言葉ですが、最近の仕事には普通使わない日本語がよく使われるので毎日ヒイヒイ言っています。
なんでも知ってそうな伊勢板さんも、日々頑張ってるのですよねぇ。と思ったらこんな私は何倍も努力しなくてはと勝手に勇気づけてもらっています。ありがとう

投稿: まゆみ | 2004.10.25 02:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15724/1758865

この記事へのトラックバック一覧です: (静物としての)植物:

« そんな秋の日 | トップページ | Konica HEXAR RF »