« I'm home | トップページ | 時差ボケ »

2004.09.25

路地

04CD021-04S.jpg
博多・中洲のとある狭い路地。福岡に住んでいた頃、行きつけだった小料理屋がある一角。
行きつけと言っても最近はとんとご無沙汰で、本当に久しぶり。板さんの作る、何と言うことはない、けれども絶妙な日本料理に至福の時を過ごしました。
日本でも最近は治安の悪化が言われているけれど、やはりまだアメリカに比べるといい方だと思います。アメリカではこんな薄暗い通りには丸腰では入れません。

ところで、写真とは全く関係ないのですが、久しぶりの日本で改めて感じたのは、繁華街や商業ビルでのでたらめな騒音のひどさ。あのクラクラする程うるさく感じるBGMやアナウンスは、どうにかならないものでしょうか。しかもBGMにしてもアナウンスにしてもやっている方は親切のつもりだから質が悪い。まぁ、肌にまとわりつく湿度と同様、街の騒音を聞くと日本に帰ってきたと実感するのも確かなんですが。

|

« I'm home | トップページ | 時差ボケ »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

交通機関での案内のアナウンスは、アメリカに限らず、日本以外の国では、ひどく素っ気ないか、全くない所の方が多いのです。だから、初めて乗る路線の場合は、どこの次に降りるのかをしっかり把握していないと降り損なうことになります。
BGMやアナウンスは、利用者が快適に過ごせるようにという日本人の優しい親切心の顕れだと思いますし、実際、慣れない場所では助かることもあるのですが、過剰になってしまうと折角の親切もありがた迷惑以外の何ものでもなくなってしまいます。この辺の匙加減は本当に難しいと思います。

投稿: Iseita | 2004.09.27 06:37

遅ればせながら、オカエリナサイ〜。
お疲れさまでした。
写真、いい感じの情緒が出てますね〜。
新宿のゴールデン街を想起しまする。
見習いたいシリアスフォトでつ。

騒音…日本独自のモノなんですね。
多湿さは知ってましたが、これはビックリ。
騒音と言うと、パチンコ屋をまっ先に思い出す発想の貧困さはさておき、勉強になりました。

それから、お誕生日おめでとうゴザイマス。
幸多き事を願って。

投稿: mimiwo | 2004.09.26 18:37

写真は人形小路です。
春吉や南新地方面ではなく、エクセル東急ホテルの裏、ちょっと南側あたりです。
そんなにヤバイ雰囲気の場所ではありませんよ。

投稿: Iseita | 2004.09.26 16:55

どこの路地でしょう?割と那珂川寄りで風俗街に近いところですか?って、いやな聞き方ですね(笑)
行ってみたいのでおしえてください!

投稿: まゆみ | 2004.09.25 20:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15724/1517963

この記事へのトラックバック一覧です: 路地:

« I'm home | トップページ | 時差ボケ »