« Nacho Mama's | トップページ | 本日休業 »

2004.08.24

幻日

P1050072L2.jpg
幻日と書いて「げんじつ」と読みます。英語ではparhelion。
読みは「現実」と同じなので夢がないですが、漢字は儚げな雰囲気でいいですね。
昨日の夕方、キャナルウォークを散歩していて見かけました。少し注意を払って空を見るようにしていると割と頻繁に見かけます。
空中に浮ぶ氷の結晶による光の反射と屈折で起こるもので基本的な原理は虹と同じです。わずかに色づいているのがわかるでしょうか?太陽をぐるりと取り巻く暈(かさ)とは違って円弧は描かず、太陽の両側、角度にして22°のところに現れます。同じメカニズムで幻月というものがあるそうですが、これはまだ見たことがありません。
上の写真はクリックすると大きなサイズで見ることができます。

P1050070L.jpg
右側の幻日をズームアップして撮ってみました。

|

« Nacho Mama's | トップページ | 本日休業 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。姫と申します。臣さんのblogから飛んできました。「虹」大好きな素材です。あっ!と、「詩」を少しづつかきためてますので。
写真の美しさ。幻想の世界ですね。私も是非、幻月に出逢いたいです。

投稿: | 2004.08.27 14:27

幻月は薄く雲がかかった月の両側22°のところに光る部分が現れるのだと思います。月の光で出る虹も見てみたいと思いますが、これはとても珍しい現象で、なかなか難しそうです。

投稿: Iseita | 2004.08.25 00:46

月は結構、眺めますが、まだ見たことが無いと思います。広辞苑には「幻月:月の両側に現れる光輝の強い点」とありますが、夜空の月の両側が幻日のようになるのでしょうか。神秘的ですね。

投稿: Rパーカー | 2004.08.24 14:40

「幻日」という言葉は好きな言葉のひとつです。
比較的よく起こる現象のようです。多分、虹よりも頻度的には多いのではないでしょうか。こちらに来てから数回見てますし、日本でも何回か見たことがあります。
理論的に太陽の高度が60°以下じゃないと出ないそうで、もちろん朝日でも起こるらしいです。でも、僕自身は朝は見たことないです。朝はゆっくり空を見ている余裕がないからかも。
そのうち、是非、幻月を見てみたいと思っています。

投稿: Iseita | 2004.08.24 13:44

「幻日」、言葉も現象も知りませんでした。日本語も英語も響きのきれいな言葉ですね。

夕方の散歩の時にもう少し注意を払ってみます。でも、家の近所じゃ夕日がはっきり見えるほど見通しがよくないか。。

投稿: Rパーカー | 2004.08.24 09:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15724/1265374

この記事へのトラックバック一覧です: 幻日:

« Nacho Mama's | トップページ | 本日休業 »