« ネコのそっくりさん | トップページ | Ticket Required »

2004.06.18

Virginia House

P1040396L.jpg
Carytownの近くに古い家が公開されているというので出掛けてみた。その周辺はリッチモンドで一番の高級住宅街でまさに「お屋敷」という言葉がぴったりの大邸宅が並ぶ区域。その立ち並ぶお屋敷群の中でも抜きん出たお屋敷がVirginia House
Virginia Houseは1929年の世界大恐慌の直前に16世紀のイギリスの荘園領主の館を移築したもの。Alexander&Virginia Weddell夫妻の家として建てられた。現在は、バージニア歴史協会の所有となっており、使われていた当時そのままに保存されている。
そういえば日本でも1980年代、バブルの頃スコットランドの城を移築する計画が途中でバブルが吹っ飛んでしまい、どうしたもんかという話がありましたね。バブリィな発想というのは、どこでも似たようなものなのかも。

P1040380L.jpg
遠くにジェームズ川が見える庭。これだけの家と庭が個人宅だったなんて。維持に一体いくら掛かるんだろうというのは庶民の発想。

P1040385L.jpg
庭の方から見た建物。いかにも出そうな佇まい。ちなみに日本では幽霊が出る物件は安く叩かれるけど、イギリスの古い館では幽霊が出ることが付加価値になって、かえって商品価値が上がるんだとか。幽霊の来歴がわかっていれば、さらに価値が高くなる。いくら立派な屋敷でも幽霊が出るくらいじゃないと威張れないらしい。アメリカではどうなのかは聞きそびれた。

|

« ネコのそっくりさん | トップページ | Ticket Required »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15724/789927

この記事へのトラックバック一覧です: Virginia House:

« ネコのそっくりさん | トップページ | Ticket Required »