« ヘリコプター通勤? | トップページ | 春が来た »

2004.03.06

ロスト・イン・トランスレーション

Sofia Coppola監督、第76回アカデミー賞でオリジナル脚本賞を受賞したLost In Translation映画館で見てきた。日本ではGWに公開予定とのこと。
この映画は日本が舞台で、見る人が日本語が理解できないことを前提に作られているせいか、日本語のセリフにも英語の字幕は出ない。日本語がわかると、ちょっと微妙な印象を受けるかも。見終わって、何故か20年程前に見たJim Jarmusch監督の映画、Stranger than Paradiseを思い出した。なんか映像の冷え具合(って変な表現だけど)が似ていたように感じられた。そして、映画のイメージを反芻しつつアパートに帰る道すがら、確かに日本って変な国だよなぁと改めて考えていた。

photo/P1030406L
Sofiaのお父さん、Francis Copplaがカリフォルニアで経営しているNiebaum-Coppolaワイナリーのワイン。近くのスーパーで$14くらい。ミディアム・ボディで複雑な味わい。おいしかった。このワイナリーにはSofiaの名前を冠したスパークリングワインもあります。

|

« ヘリコプター通勤? | トップページ | 春が来た »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヘリコプター通勤? | トップページ | 春が来た »