« 雪 | トップページ | バージニア・ファインアート美術館 »

2004.02.04

ジェームズ・タウン

photo/033_31s

ジェームズタウンは17世紀前半(日本で言えば江戸時代初期)に開拓された最初期の植民地です。現在は歴史公園になっています。ウイリアムズバーグの近く、ジェームズ川の畔にありました。というか、もともとジェームズタウンに住んでいた人たちが、川に近すぎると洪水等の災害を受けやすく不便なので、ウイリアムズバーグに移って行ったということでしょう。最初期の移民は大変な苦労だったらしく、自然の脅威の前に何度も壊滅的な損害を受けたそうです。今は当時の町並みを彷彿とさせる煉瓦の残骸が遺跡として残されているだけですが、美しく静かな場所です。川の畔を散策しているととても穏やかな気分になります。
ここはヨーロッパからの移民とアメリカ原住民が最初に接触した場所です。1995年にディズニーアニメになった「ポカホンタス」の物語の舞台でもあります。ただ、ディズニーアニメのストーリーと史実はかなり異なるらしいです。

photo/034_32S
最初の移民船団のリーダー、キャプテン ジョン・スミスの像。ポカホンタスの映画では主人公の恋人役でした。関係ないけど「ジョン・スミス」って名前は日本で例えれば「山田太郎」という感じでしょうか。

photo/037_35s
河口に近いので、川幅は広く、対岸を結ぶフェリーが出ています。

|

« 雪 | トップページ | バージニア・ファインアート美術館 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪 | トップページ | バージニア・ファインアート美術館 »